通信機能抑止装置(つうしんきのうよくしそうち)とは、無線通信を通信妨害するための無線設備である。

通信抑止装置、電波抑止装置などとも呼ばれる。特に携帯電話やPHSの通信をジャミングするための無線設備を指してこう呼ぶことが、ほとんどである。この記事は「日経PC21 12月号特集 この秋の新常識でネット接続を大強化! Wi-Fi&LTEから転載したものです。内容は基本的に執筆時点のものとなります。この特集では、さまざまな機器を無線(ワイヤレス)でネットに接続する方法を紹介する。具体的には、「Wi-Fi」と呼ばれる無線LANと、「LTE/3G」などのモバイル通信技術を利用する。両者は、“無線でデータ通信できる”のは同じだが、そもそもの目的や特性が大きく異なる。この違いが、使い勝手や利用料金に大きく関係してくる。ここでは、その違いを整理していこう。

カーナビのGPS発信器を無効は、携帯電話が利用している通信方式。Wi-Fiは、ノートパソコンやタブレットの標準的な通信方式だ。携帯電話でもあり、超小型パソコンでもある「スマートフォン」は、この両方の通信機能が使える。タブレットの一部にも双方の通信機能を備えるものがある。

 この2つは、利用目的が大きく異なる。LTE/3Gは、元をたどると「外で電話をするための通信方式」だ。携帯電話で出先で場所を問わずに通話できるようにするため、広いエリアでサービスを提供する必要があった。このため、基地局と呼ぶアンテナから半径数百メートル~数キロメートルまで電波が届く。最初はアナログ方式だった携帯電話も1990年代にデジタル方式(2G)になり、2000年代にはより高速な3Gに進化した。

 Wi-Fi盗撮発見器は、「無線LAN」という名前の通り、構内通信網の「LAN」を無線化したもの。要はLANケーブルをつなぐのが面倒なので、無線化したわけだ。このため、電波の届く範囲は数十メートル程度と狭い。

携帯電話ジャマー

劇場、コンサートホールなどでは、開演中に携帯電話の着信音等が鳴り響くと、観客が演劇や演奏などを鑑賞する邪魔になり不快感をあたえたり、公演進行の妨げになることもあるので、場内では携帯電話の電源を切ることが呼びかけられている。 しかし、意図してこれを守らない観客や悪意がなくても携帯電話の電源を切り忘れる観客がいる場合もあり、場内の携帯電話すべてについて着信音が鳴らないようにすることは困難である。 携帯電話が使用する周波数の妨害電波を発射できれば携帯電話の通信を妨害するので、場内にあるすべての携帯電話の着信音が鳴ることを確実に防止することができる(ただし、通信を要しない携帯電話のアラームについては防止出来ない。)。同じような理由で、患者の安静のため静粛を必要とする病院においても同様の効果が期待される。
また、データセンターなどにおいて、機密情報の厳重な保護を必要とする場合、外部との通信を遮断し、情報の流出を防止することができる。

スマホ電波障害不正受験防止事件
2011年(平成23年)の大学入試問題ネット投稿事件を受け、カンニング対策として導入を検討する大学が増加している。
2013年(平成25年)9月、警視庁は運転免許試験の不正行為防止対策として、府中、鮫洲および江東の試験場に導入することとし、10月に府中の学科試験室に設置した。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています